So-net無料ブログ作成
検索選択

地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求−普天間移設(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先について、米側が日本政府に対し、海兵隊の地上部隊とヘリ部隊の駐留場所の距離は「65カイリ(約120キロ)以内」とするよう求めていることが分かった。政府高官が21日、明らかにした。
 鳩山内閣は、普天間に駐留するヘリ部隊について、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部と鹿児島県・徳之島に分散移転する案を検討している。キャンプ・シュワブと徳之島は180キロ程度の距離で、米側には具体的な許容範囲を示すことで、徳之島案を拒否する姿勢を明確に示す狙いがあるとみられる。 

高速新料金「不手際あった」=民主党の細野氏(時事通信)
紹介男性は女自演の「組員」…「迷惑料」詐取容疑(読売新聞)
<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加へ 政府、転換に動揺(毎日新聞)
介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)
事業仕分け“二匹目のどじょう”なるか 政治ショーふたたび(産経新聞)

妊婦の抗ウイルス薬投与で副反応調査へ―新型インフルで日産婦学会(医療介護CBニュース)

 日本産科婦人科学会周産期委員会の斎藤滋委員長(富山大医学部産科婦人科学教室教授)は4月22日の記者会見で、日本で新型インフルエンザによる妊婦の死亡がないことについて、医療機関の早期受診や抗インフルエンザウイルス薬の早期投与、ワクチン接種の優先順位が高かったことが功を奏したとの見方を示した。その上で、抗インフルエンザウイルス薬の早期投与による副反応の有無について、学会として調査する方針を明らかにした。

 WHO(世界保健機関)は新型インフルエンザによって重症化、死亡するリスクの最も高い3グループとして、2歳以下の小児、ぜんそくを含む慢性肺疾患を有する患者と共に妊婦を挙げている。これを踏まえ厚生労働省が、妊婦のワクチン接種を医療従事者に次いで優先した経緯がある。
 22日現在、日本での新型インフルエンザによる妊婦の死亡はなく、入院も約70人にとどまっている。

 斎藤委員長は会見で、ワクチンを早期に接種できたことが、妊婦の重症化を防いだとの見解を示した。また、同学会で抗インフルエンザウイルス薬の早期投与を呼び掛けたことも、功を奏したとの考えを強調した。
 その上で、抗インフルエンザウイルス薬による副反応がなかったかどうかは、調査する必要があると指摘。製薬会社の市販後調査に学会として協力し、母子に副反応がなかったかを調査する方針を示した。

 斎藤委員長は、年内に母子5000組の症例を集め、問題がなければ来シーズンも積極的に抗インフルエンザウイルス薬を使うよう呼び掛けたいとしている。


【関連記事】
低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル
新型ワクチンの接種方針を決定―政府
新型ワクチン接種、「妊婦」などは当面2回−厚労省
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論

外国人参政権「一万人大会」 UIゼンセン同盟「組織として反対」(産経新聞)
図書館司書、シックハウス労災求め初提訴(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>21日から警察庁で日中情報交換(毎日新聞)
明石歩道橋事故、元副署長を20日に起訴(読売新聞)
<こども環境フォーラム>貴乃花親方も講演 5月1日、東京・明治記念館で(毎日新聞)

京阪電鉄 開業100周年 大阪・中之島駅で記念式典(毎日新聞)

 京阪電気鉄道は15日、開業100周年を迎え、中之島駅(大阪市)で記念式典を開いた。上田成之助社長は「進取の精神で、沿線の活性化と発展に貢献したい」と述べ、記念ヘッドマークを装着した出町柳(京都市)行き快速急行の出発を見送った。

【滋賀、大阪】40年ぶり復活!!

 実業家の渋沢栄一らが1906年に設立。10年に天満橋(大阪市)−五条(京都市)間を開業した。現在は、遊園地「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)の運営や住宅販売など幅広く手掛ける。

 100周年を記念し、グループ各社でイベントを実施中。ホテル京阪(9店舗)では、小学生以下の子供を対象に、100点の答案用紙持参でビュッフェが無料になるサービスなどを展開。また京阪三条駅(京都市)では、開業から現在までの歩みを紹介する写真展を6月30日まで開催している。【新宮達】

【関連ニュース
坂本龍馬のパネル:京阪・中書島駅ホームに見参 町家風の待合室も /京都
洛書き帳:ひらかたパーク(大阪府枚方市)で始まった… /京都
【大阪】春のひらパー

<ニュース1週間>日米密約認め、国に文書開示命令/山崎さん、宇宙へ(毎日新聞)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
ホームオブハート訴訟で和解=セミナー参加者に支払い−東京地裁(時事通信)
性同一性障害の元男性が痴漢「男のぬくもりが欲しかった」(スポーツ報知)
<鹿嶋市長選>現職の内田氏が接戦制し4選 茨城(毎日新聞)

「シュワブ陸上」なら政権崩壊 阿部知子社民政審会長(産経新聞)

【単刀直言】

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先がキャンプ・シュワブ(陸上案)になれば、それは(鳩山)政権が倒れる時だ、というくらいに思ってます。

 私たちも沖縄県民も反対しているのにキャンプ・シュワブに決まるのならば、政権は倒れるんですから、その直前の連立離脱はあっていい。夏の参院選前の連立離脱は選択肢として残っているんです。参院選で「社民党は沖縄の負担軽減のために戦います」と言う方が旗幟(きし)鮮明になるでしょう。

 でも今は政権内で「肉を切らせて骨を断つ」構えです。ギリギリまで反対し続ければ、現実に県内移設を阻止できると思う。この政権が、そういう危機感を持てるかどうかなんです。

 戦後65年経ったのに国内に85カ所も米軍基地があるなんて多すぎる。特に沖縄には多すぎる。日本は独立国なのにおかしい。保守本流からそういう意見が出てこないことが不思議です。

 政府・与党の沖縄基地問題検討委員会では「抑止力は何か」「米軍の戦略は何か」が議論されず、絆創膏(ばんそうこう)的な解決だけを図ろうとしています。日本が当面北朝鮮と落ち着かない政治情勢にあるのは間違いないですよ。そのための米軍の存在をどう考えるか。そうであれば必ずしも沖縄でなくていい。

 私は沖縄検討委で、最終的なゴールは米領のグアム・サイパン・テニアンだと主張しました。米国の軍事戦略がそうなので20年、50年先を見越したアジア・太平洋の安全保障の姿として提案しました。直近の5年、10年は「分かち合う安全保障」として広く日本国内で負担を分担する考えも伝えましたが、論議された気配はありません。

 だから民主党には、骨太な政策を与党間で話し合えるよう、我が党の政策審議会のカウンターパートにあたる政策調査会を復活してほしい。そういう態度が民主党にない限り自滅しますよ。すでに随所に民主党の政権運営の危うさが見て取れます。

 内閣が、県外移設を語る鳩山由紀夫首相の思いを実現する態勢なのかも疑問ですね。平野博文官房長官、北沢俊美防衛相、岡田克也外相はバラバラ。とりわけ官房長官は沖縄県名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しない」と発言しましたが、政治家が国民の心を逆なでしたら終わりです。配慮が足りません。

 鳩山さんは戦後日本の「米国依存」という軸を変えようと言うんでしょう。だったら普天間問題の対処にもっとご自身が乗り出してもいいんじゃないでしょうか。(山田智章)

                   ◇

【プロフィル】阿部知子

 あべ・ともこ 昭和23年東京都生まれ。東大卒。小児科医で今も鎌倉の病院で思春期外来の非常勤医を務める。衆院比例代表南関東ブロック。当選4回。

老人専門医療の質を評価する指標を策定―老人の専門医療を考える会(医療介護CBニュース)
日本の高校生「授業・宿題以外勉強しない」 米中韓に比べ突出(産経新聞)
アパート火災、2人焼死=90代と50代の親子か−相模原(時事通信)
映画監督の山内鉄也氏死去(時事通信)
ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)

谷垣氏、与謝野氏と会談へ 慰留は困難か(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は3日昼、自民党を離党し新党を結成する意向を固めた与謝野馨元財務相と会談する。会談は谷垣氏が呼びかけた。離党を思いとどまるよう慰留するとみられるが、与謝野氏の意志は固く、説得は困難との見方が強い。

 新党結成に向け、与謝野氏は自ら共同代表に就任し、同じく新党結成を目指す鳩山邦夫元総務相や平沼赳夫元経済産業相も合流する公算が大きい。与謝野氏や園田博之前自民党幹事長代理を含め、最終的に10〜20人規模の保守系政党になる可能性がある。

 与謝野氏は谷垣氏に執行部一新を要求してきたが、谷垣氏が要求を拒否したため、新党結成の意向を固めた。新党は「安心社会実現」を掲げ、社会保障の充実などを打ち出す。

【関連記事】
飛び立てるか与謝野新党
“与謝野新党”来週にも誕生 平沼氏ら合流へ
政界の流動化が加速か 小沢氏の影チラリ?
若林氏辞任で鳩山首相「大変驚いている」
崖っぷち対決 谷垣氏奇襲に「合格点」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<乳児遺体>37歳女を遺棄容疑で逮捕 プランターに埋める(毎日新聞)
大阪市営地下鉄 相次ぐ人為ミスに頭抱える幹部(産経新聞)
<大麻所持容疑>大阪府立高教頭逮捕、学校も捜索 奈良県警(毎日新聞)
<訃報>菊乃家〆丸さん92歳=最高齢のチンドン屋(毎日新聞)
若林氏辞任 参院議長が激怒「悪用どころかバカ用だ!」(産経新聞)

水泳教室の送迎バスが炎上、11人死傷 大阪・高槻(産経新聞)

 29日午後6時ごろ、大阪府高槻市緑が丘の路上で、「スクールバスが事故を起こし、煙が出ている」と119番があった。バスは「高槻スイミングスクール」の送迎用で、まもなく炎上した。高槻市消防本部によると、火は約15分後に消し止められたが、運転手の男性が死亡。バスに乗っていた子供ら10人がけがをし、病院に搬送された。いずれも軽傷とみられる。バスには当時、子供11人のほか、運転手と保護者の計13人が乗車していたという。

 現場はJR京都線・高槻駅から北西に約1・5キロの名神高速の高架沿いの交差点。

【関連記事】
バス炎上、53人が死亡 アフガニスタン北部
3歳児、バスにひかれ死亡 運転士を逮捕 練馬
幼稚園バスが衝突事故、園児ら2人軽傷 山形
また大阪の地下鉄…朝ラッシュの事故に怒りの声
SLの連結器外れ、急停止 ファンに人気の静岡・大井川鉄道

【同盟弱体化】第2部 普天間問題(中)すれ違う狙い 普天間5分(産経新聞)
築地市場の移転関連予算、予算特別委で可決(読売新聞)
「177」情報更新10時間半なし…気象庁ミス(読売新聞)
<坂田記念賞>毎日新聞大阪本社編集局取材班など表彰(毎日新聞)
<サクラ>花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。