So-net無料ブログ作成

坂本副会長らを再任―日看協が通常総会(医療介護CBニュース)

 日本看護協会(日看協、久常節子会長)は6月8、9の両日、横浜市内で通常総会を開き、今年度の事業計画案や予算案などを了承した。8日には、役員や職能・推薦委員の選挙も行われ、中央社会保険医療協議会(中医協)専門委員の坂本すが副会長ら4人の常任役員が再任された。総会には、2日間で代議員や一般会員ら合わせて約9000人が来場。10日には看護師、保健師、助産師の職種別の全国職能別集会が同市内で開かれる。

 今年度の事業計画の重点項目は、▽労働条件・環境の改善▽看護職の業務範囲の見直し・拡大▽訪問看護の推進と安定的なサービス提供体制の確保▽看護師基礎教育、保健師・助産師教育の充実▽看護職の卒後臨床研修制度の推進―など7項目。
 労働環境に関しては、残業を必要としないシフトの在り方の検討や、給与問題への取り組みを進める。また、業務範囲の拡大については、特定看護師(仮称)の法制化を目指すとしたほか、将来的な構想として、専門・認定看護師の判断で行う業務に関する検討も行う。さらに、訪問看護関連では、今年度の診療報酬改定の検証に加え、2年後の改定に向けて訪問看護制度を見直すため、在宅療養支援ステーション(仮称)の仕組みなどを検討するとしている。このほか、看護師基礎教育の大学化や保健師・助産師教育の大学院化も促進するとした。

■新定款案と細則案をめぐり、総会が紛糾

 一方、公益法人制度改革に伴う新たな定款案と細則案をめぐり、総会は紛糾した。来年度の公益社団法人への移行に向けて、代議員数の大幅な減少などへの反発が強く、初日はいったん否決されたものの、9日の総会の冒頭、代議員から出た審議差し戻しの緊急動議を発端に再審議となり、最終的に賛成多数で可決された。

 選出された17人の役員は次の通り(敬称略)。副会長・坂本すが▽専務理事・菊池令子▽常任理事・福井トシ子▽同・井伊久美子▽同・齋藤訓子▽助産師職能理事・佐山静枝▽看護師職能理事・大久保清子▽監事・棚橋栄蔵▽同・山本良子▽北海道地区理事・若山登美子▽東北地区理事・佐々木典子▽北関東甲信越地区理事・重村淳子▽南関東地区理事・松田慶子▽東京地区理事・小路美喜子▽東海地区理事・玉利玲子▽北陸地区理事・松井三重子▽東日本全区理事・笠井美智子


【関連記事】
混合診療、先進医療制度と異なる仕組みを
看護師教育のみの学士課程促進を―日看協が要望書
特定看護師モデル事業、実施案まとまらず―チーム医療WGが初会合
保健師資格の取得は大学? それとも大学院?
6月までに2つのWG設置―チーム医療推進会議が初会合

おたる水族館 白いトド「レタラ」4日の命 おぼれ?死亡(毎日新聞)
地位保全申請を却下 富士通元社長側抗告(産経新聞)
<囲碁>山下が攻める展開 本因坊第3局(毎日新聞)
「はやぶさ」帰還を絶賛=蓮舫行政刷新相(時事通信)
<日進市>障害者の報告書回収へ 意見集約で不適切処理(毎日新聞)

<岐阜県医師連>参院選は民主現職支援へ(毎日新聞)

 岐阜県医師会の政治団体「岐阜県医師連盟」は30日、今夏の参院選岐阜選挙区(改選数2)で立候補予定の民主現職、山下八洲夫氏(67)を支援することを決めた。同医連が民主党候補者を支援するのは初めてで、政権与党に一定の配慮を示した。自民新人の渡辺猛之県議(42)に対しては、「支援」より強い「推薦」とする。民主新人、小見山幸治(よしはる)氏(47)については支援を見送った。【岡大介】

【関連ニュース】
新党改革:鳩山邦夫氏の長男を擁立 参院選比例
普天間移設:与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先
参院選:政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく
中山太郎氏:自民離党へ 参院選に新党から出馬か
新党改革:現職3人立候補せず…参院選の第1次公認発表

米沖縄海兵隊 北海道での訓練を公開(毎日新聞)
与野党から国会延長・参院選先送りの声(読売新聞)
閣僚が一斉に鳩山擁護 「職務貫徹を」「全力で支える」(産経新聞)
新首相動静(6月5日)(時事通信)
APEC 閉幕 保護主義の抑止に向け閣僚声明も(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。